高次脳機能障害がいと災害

今朝、近畿地方で震度6弱の大きな地震がありました。

公共の交通機関は運転を見合わせ、電話もなかなかつながらない状況でした。怪我をされた方、中には亡くなられた方もおられるようです。亡くなられた方、またそのご家族さまへは心からお悔やみ申し上げます。

 

大きな災害には備えが大切です。

見えない障害と言われることが多い高次脳機能障がいの方は、災害時にも周囲の理解を得ることが難しい場面に直面するかもしれません。だからこそ、普段からしっかり備えていただきたいと思います。

お薬手帳や障害者手帳を普段から持ち歩く、ヘルプマークを活用する・非常時用の予備の薬を置いておく・避難場所の確認…など。

もしもに備えて、今すぐにできることはたくさんあります。

 

東京都が高次脳機能障害のある方のための災害時マニュアルを公開しています。

とても参考になるので、よかったらご家族や支援者の方と一緒にダウンロードして読んでみてください。

高次脳機能障害のある方のための災害時初動行動マニュアル

 

スタッフよし

 

 

 

投稿者: 李クリニックスタッフ

李クリニックのスタッフです。