映画「ガチ☆ボーイ」

随分前から、患者様のご家族や某N先生など…いろんな方から「オススメ」と聞いていて、題名だけは知っていたこの映画。

DVDを探しにレンタルショップへ足を運ぶと、なぜかいつもレンタル中でなかなか借りることができなかったのですが、先日ようやく見ることができました。

事故の後遺症で一晩眠るとそれまでのことを忘れてしまう障がいを抱えた大学生が、学生プロレスを通じて生きる実感を取り戻していく…というお話です。

一晩眠るとすべてを忘れてしまう…というところは映画のストーリーと言う感じがしましたが、
主人公が手帳や日記・写真を活用していたり、飲み会でアルコールではなくひとりウーロン茶を飲んでいたり、脳ではなく体が感覚として覚えていることがある…という部分は、実際に高次脳機能障がいを抱えている方の日常をきちんと描いていると感じました。

記憶の障がいがあるために、つらいことまで手帳に書き残さなくてはならないシーンでは、胸が締め付けられます。

良かったら皆さんも見てみてください。

スタッフよし

 

投稿者: 李クリニックスタッフ

李クリニックのスタッフです。