在宅ケアを支える診療所市民全国ネットワーク 全国の集い

2018年9月23日・24日の二日間、大阪国際交流センターで、特定非営利活動法人在宅ケアを支える診療所市民全国ネットワークの全国の集いが開催されました。

24日の最終プログラム枠のシンポジウム「見えない障がい知ってます?~高次脳機能障害について~」にて、当院院長が座長を務めさせていただきました。

高槻市で、高次脳機能障がいの方の治療に長年ご尽力されてこられたやまぐちクリニックの山口研一郎先生・当事者であり当事者家族でもある立場からご主人と一緒に笑いあり涙ありに語ってくれたIさん、当事者家族としての率直な思いをまっすぐにお話しくださったRさん。シンポジストとしてこの3人様にご登壇いただきました。

私も聴講させていただきまして、途中、目頭が熱くなりました。

 

実は、別会場で同時間にあの「バリバラ」の出演者が来られていた公開講座があったのですが、多くの方が関心をもってこのシンポジウムにも来てくださったことがうれしかったです。

会場前では山口先生の書籍の販売もありました。シンポジウムでも詳しくお話しいただいた内容です。クリニックにもありますがとても勉強になります。

(山口研一郎先生の書籍→「高次脳機能障害-医療現場から社会を見る」)

 

多くの方に高次脳機能障がいのことをもっと知ってほしい、そのために私ももっと頑張ろうと改めて感じた時間でした。

山口先生、Iさん、Rさん。お疲れさまでした。

聴講してくださった皆さんも、ありがとうございました。

高次脳機能障がいに関わるすべての方の明日が、今日よりも明るいものにつながっていきますように。

 

スタッフ よし

聞いて・見て・知って「高次脳機能障がい」のこと

少し先になりますが、もうひとつ高次脳機能障がいの講演会のご案内です。

 

【聞いて・見て・知って 「高次脳機能障がい」のこと】

大阪府堺市高次脳機能障がい普及啓発事業の講演会。

大阪府内の当事者・家族会からの活動紹介をされるそうです。

チラシに掲載されている当事者作者の方の絵がとても素敵です。

 

 

日時 2019年2月3日(日) 午後1:00~午後4:00  (12:30開場)

場所 (公財) 堺市産業振興センター

参加費 無料

 

事前申し込みが必要です。締め切りは1月21日です。

↓詳しくは下記のチラシをご覧ください。

kiitemiteshitte1 kiitemiteshitte2

 

スタッフ よし

高次脳機能障害講演会 「医療と連携、リハビリから就労へ」

 

高次脳機能障害講演会の案内を頂戴しました。

 

【高次脳機能障害講演会 「医療と連携、リハビリから就労へ」】

講壇される講師・パネラーのみなさんも名だたる方々ばかり…。

以前、このブログでもご案内させていただいた口笛コンサートの白井伊三雄さんもご登壇されるそうです。

 

日時 2018年11月4日(日) 午後1:00~午後4:00

場所 大阪YMCA会館・ホール

参加費 1000円

 

参加される方は事前申し込みをお願いします。

↓詳しくは下記のチラシ・ホームページをご覧ください。

iryoutorenkei1 iryoutorenkei2

医療と連携、リハビリから就労へ  ホームページ

 

スタッフ よし

高次脳機能障がい 女子会&男子会

 

 

高次脳機能障がい 女子会の案内を頂戴しました。今回から、同日に別会場で男子会も開催されるそうです。

参加ご希望の方は詳細を確認の上、申込先に直接お問い合わせください。

 

【第3回 高次脳機能障害女子!集まれ!】

日時 2018年10月13日(土) 14:00 ~ 16:00

場所 あべのベルタ3F 第2研修室

参加費 300円

女子会詳細→ jyoshikai3

 

【第1回 高次脳機能障害男子会、開始します!】

日時 2018年10月13日(土) 15:00 ~ 17:00頃まで

場所 占い&スポーツカフェ ヴィンテージ

料金 1000円

定員 12名(先着順 要予約)

男子会詳細→ danshikai1

 

 

スタッフ よし

納谷敦夫先生の本

このブログを読んでくださっている方の中にはご存知の方もおられるかもしれませんが、

堺市で高次脳機能障害専門外来をされている「なやクリニック」納谷敦夫先生が本を出版されました。

「高次脳機能障害・脳損傷について ~家族として、精神科医として~」

A5判 157頁 1200円

 

納谷先生は高次脳機能障害の専門医であり、当事者家族でもある、気さくな先生でいらっしゃいます。

この本が他の専門書と大きく違うのは、机上の理論よりも(そうは言っても多くの文献や論文を読まれたうえでの)実践と経験の積み重ねの中から感じたことや疑問に思うこと、当事者や当事者家族の思いなどを中心にした内容になっているところです。

高次脳機能障害者を取り巻く現在の社会的問題やなやクリニックでのリハビリについても詳しく書かれています。

とても分かりやすく、他の本には書かれていないことがこの本にはたくさん詰まっています。

当事者様やご家族様ももちろんですが、医療従事者や支援者の皆さんにはぜひ読んでいただきたいと思う一冊です。

 

こちらの本は一般の書店では販売されていません。

購入後希望の方は、納谷先生の講演会や下記リンクから堺脳損傷協会でご購入ください。

堺脳損傷協会 刊行物

堺脳損傷協会ではそのほかにも高次脳機能障害に関する書籍の販売 をされています。

 

スタッフ よし

Eテレ きょうの健康

ご家族様より情報をいただきました。(ありがとうございます!)

Eテレで高次脳機能障害に関する番組が放送されるようです。

 

 

Eテレ 「サインを見逃すな!脳・神経の病気 高次脳機能障害」

8月29日(水)  20:30~20:45 の15分番組です。
再放送は9月5日(水) 13:35~13:50。

 

 

スタッフ よし

 

高次脳機能障害がいと災害

今朝、近畿地方で震度6弱の大きな地震がありました。

公共の交通機関は運転を見合わせ、電話もなかなかつながらない状況でした。怪我をされた方、中には亡くなられた方もおられるようです。亡くなられた方、またそのご家族さまへは心からお悔やみ申し上げます。

 

大きな災害には備えが大切です。

見えない障害と言われることが多い高次脳機能障がいの方は、災害時にも周囲の理解を得ることが難しい場面に直面するかもしれません。だからこそ、普段からしっかり備えていただきたいと思います。

お薬手帳や障害者手帳を普段から持ち歩く、ヘルプマークを活用する・非常時用の予備の薬を置いておく・避難場所の確認…など。

もしもに備えて、今すぐにできることはたくさんあります。

 

東京都が高次脳機能障害のある方のための災害時マニュアルを公開しています。

とても参考になるので、よかったらご家族や支援者の方と一緒にダウンロードして読んでみてください。

高次脳機能障害のある方のための災害時初動行動マニュアル

 

スタッフよし

 

 

 

高次脳機能障害フェスティバル

堺脳損傷協会さんからイベントの案内を頂戴しました。高次脳機能障がいの当事者・家族・支援者によるフェスティバルです。

発表・パフォーマンス・コンサートの3部構成。

参加費無料だそうです。会場は駅直結でアクセスもいいので、是非どうぞ。

 

日時 2018年8月5日(日) 午後1:30~(午後1:00開場)

場所 堺市立東文化会館 メインホール (南海高野線 北野田駅 直結)

 

参加される方は事前申し込みが必要です。

↓詳しくは下記のチラシをご覧ください。

17kai-koujiFes1

17kai-KoujiFes2

 

スタッフ よし

 

映画「ガチ☆ボーイ」

随分前から、患者様のご家族や某N先生など…いろんな方から「オススメ」と聞いていて、題名だけは知っていたこの映画。

DVDを探しにレンタルショップへ足を運ぶと、なぜかいつもレンタル中でなかなか借りることができなかったのですが、先日ようやく見ることができました。

事故の後遺症で一晩眠るとそれまでのことを忘れてしまう障がいを抱えた大学生が、学生プロレスを通じて生きる実感を取り戻していく…というお話です。

一晩眠るとすべてを忘れてしまう…というところは映画のストーリーと言う感じがしましたが、
主人公が手帳や日記・写真を活用していたり、飲み会でアルコールではなくひとりウーロン茶を飲んでいたり、脳ではなく体が感覚として覚えていることがある…という部分は、実際に高次脳機能障がいを抱えている方の日常をきちんと描いていると感じました。

記憶の障がいがあるために、つらいことまで手帳に書き残さなくてはならないシーンでは、胸が締め付けられます。

良かったら皆さんも見てみてください。

スタッフよし